花といつまでも…

お出かけレポ。たまにゼラニウムなどの園芸。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

江戸東京博物館 ジオラマ

せっかくの長期夏休みなので、大名屋敷建物を見に行って来ました。
170818-03.jpg
といっても、ジオラマです。

すでにお盆休みが終わっている会社も多いので、「江戸東京博物館」もすいているだろうと行ってみました。



「徳川将軍家へようこそ」「東海道五拾三次展」など面白い企画展示が常設展の料金で見れることもあり、随分お得でしたが、
レポはジオラマ特集にします。
170818-02.jpg
この風景、NHKのドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」でも使われてましたよね。
170818-01.jpg
日本橋の様子です。


いつもは混んでてジオラマはゆっくり見ることが出来ないのですが、今日は平日で人も少ないので、珍しく好きなポジションゲット出来ましたよ。
170818-12.jpg
精巧にできており、近くにある双眼鏡でのぞくと、かなりリアルな江戸の風景になります。

170818-05.jpg
野鳥観察のために購入した30倍ズームのコンデジが大活躍です。


一人ひとりの芸も細かくて、橋から身を乗り出している人もいたりして。
170818-07.jpg
船の女性見てんだな……(-_-;)

≫ まだ続きがあるよー

スポンサーサイト

| 美術、博物館・展示会 | 16:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

深川江戸資料館

先日、江戸の三大祭の1つと言われている「深川八幡祭り」があり、ついでにこちらへ寄るつもりでした。
江戸の三大祭の1つと言われている「深川八幡祭り」は、今年は本祭りの年だったので、人出も活気もすごかったのですよ。
水掛神輿を見た時点で疲れてしまい、そのまま帰宅してしまいました。



最寄駅の「清澄白河」では「まめ助」にゃんがお出迎え。
170816-01.jpg
で、今日行ったら人少なッ!

以前来た時は混んでてゆっくり見れませんでしたが、今回はガイドとマンツーマンで贅沢に見学してきました。
170816-02.jpg

常設展は、ストーリー仕立てになってます。

行ったらまず必ずガイド見つけて解説聞いた方がいいです。
誰かに解説中だとしたら、混じって聞いて下さい。
まるで面白さが違います。
170816-04.jpg

私は江戸時代小説が大好きで、ここぞとばかり質問しまくりでした。
170816-03.jpg
以前はたまたま夏休みの前半だったこともあり混雑してましたが、通常の休日ならばそんなに混まないようです。
お祭りの日に来てたらまた混雑でしたね。今日で良かった(ホッ)


今回の目的は企画イベントで「深川お化け今昔 展」
170816-05.jpg
お化けや妖怪づくしです。

≫ まだ続きがあるよー

| 美術、博物館・展示会 | 15:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

武蔵嵐山 菅谷館跡

埼玉県の嵐山は渓谷が京都の「嵐山(あらしやま)」に似ていることから名付けられたようで、自然が豊かなところです。

昨日は、武蔵嵐山駅から徒歩15分ほどの嵐山史跡の博物館へ行ってきました。
博物館もあるのですが、博物館は以前行ったことがあるので、外の菅谷館跡だけ見てきました。
170724-009.jpg
170724-003.jpg

跡といってもほとんど残っておらず、見学には寂しいので、ヤマユリが開花する今にしました。
ヤマユリの名所でもあります。
170724-006.jpg
ちょうど一番の見ごろになっていたようです。
170724-007.jpg


こちらのヤマユリは一箇所に群生しているのではなく、ポツポツと離れて開花しているので、写真を撮っても何がなんだか分からず、あまり写真映えしません。
170724-005.jpg
斜面に多く見られました。

≫ まだ続きがあるよー

| 美術、博物館・展示会 | 10:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビアトリクス・ポター資料館

「埼玉県こども自然動物公園」内に「ビアトリクス・ポター資料館」はあり、館内はかなり貴重な資料が展示されてます。


ピーターラビットは世界中にファンも多く、一般の方も見聞きはしたことがあるのではないでしょうか。
マニアでなくても十分楽しめるかと思います。
170527a-01.jpg
動物園お隣にある大東文化大の所有のものらしく、本来大学内に建てる予定でしたが一般の方が入りづらいということで動物園内に建てたようです。

ポターが住んでいたヒルトップ農場を再現されてます。
170527a-02.jpg
外観もヒルトップ農場のようにハーブが植えられてます。

ここ、藤の季節とても見事なんですけどねぇ。
170527a-03.jpg
GW中に開花するので、動物園は激混みで見にこれないですわ(T_T)


いつもは二羽のアヒルが放し飼いになっているのですが、この日は見えませんでした。
先日まで「鳥インフルエンザ」で展示中止されていたので、こちらもまだ展示様子見なのかしら?

今はバラ。隣はハニーサックル
170527a-04.jpg
170527a-06.jpg

アーチはバラだけでなく、クレマチスも咲いてました。
170527a-05.jpg

グッズの販売店が昔はあったのだけど、今は無くなってます。
170527a-07.jpg

こちら、動物園入園料の他に館内に入る場合は別料金が発生します。

以前動物園客にしては雰囲気違う団体とバス待ちしたので不思議に思ったのですが、聞いたらこの資料館目的に来たおば様たちでした。
「動物園の敷地でも、別の入り口にするとか動物園に入らなくても見れるシステムだと良いのだけど……」とおっしゃってました。

私は一人動物園は平気だけど、資料館目的の方は気恥ずかしいかもね(^_^;)

| 美術、博物館・展示会 | 08:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

練馬区立牧野記念庭園記念館

今回は美術館です。
美術館へはよく行ってますが、当然のことながら撮影NGなのでブログにはほとんどUPしてないのよね(^_^;)

練馬区「大泉学園駅」近くの牧野記念庭園記念館へ先週行ってきました。
170511-08.jpg(画像お借りしました)
オザキフラワーパークから近いものの、バスでなければ行けないし、かといって「大泉学園駅」に立ち寄ることもほとんどないので、なかなか行く機会がなかったのです~。

本当はこの入り口にある大寒桜の木が開花している頃来たかった。
170511-01.jpg
その頃は企画展は桜だったのよー(>_<)
ああ…その時に来たかった。

こちら無料です。
周囲は住宅街で、庭園の緑はとても貴重。
170511-02.jpg
170511-03.jpg
170511-04.jpg

今回は関根雲停。
展示物は複製なのです。

とはいえ、どこぞの美術館は(M作品を)一般の方から指摘されるまでカラーコピーにすり替わっていたのも長い事気づかなかったということですし、ましてや牧野富太郎の作品は図譜なので、よほどの思い入れがないかぎり「絶対本物じゃなきゃ!」という意味はないと思います。
植物図鑑を手がけた牧野氏の作品は、複製でも十分勉強になります。

牧野氏の住んでいたお家が再現されてます。
170511-05.jpg
170511-06.jpg

トイレをお借りしようとしたら、素敵な中庭が……。
170511-07.jpg

横浜そごうではルドゥーテの「バラ図譜展」(複製)もやっているし、国立新美術館では「ミュシャ展」もやっていて、お花好きはアート面でも楽しめるイベント盛りだくさんです。
そういえば、明日からは西武ドームの「国際バラとガーデニングショウ」が始まります。

バラ園もそろそろ見ごろになる頃ですし、どこへ行こうか迷ってしまいますね。

| 美術、博物館・展示会 | 09:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT