花といつまでも…

お出かけレポ。たまにゼラニウムなどの園芸。

2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

変化朝顔展

150830-02.jpg
日比谷公園で開催中の「変化朝顔展」を土曜日に見て来ました。
今回は「変化朝顔研究会」によるもので7月に開催したものよりは規模が小さいです。
150830-03.jpg150830-04.jpg
150830-05.jpg150830-06.jpg
品種名が見えないんですよ。
しかも雨で見に来いてる人もいないせいか、見ている最中に展示品を移動して片づけてしまっているし……。
150830-07.jpg150830-08.jpg
150830-09.jpg150830-10.jpg

≫ まだ続きがあるよー

スポンサーサイト

| 美術、博物館・展示会 | 21:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三菱一号館美術館

三菱一号館美術館で開催中の「画鬼・暁斎—KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」へ行って来ました。
150829-17.jpg
暁斎の化け猫も、今時の若い人には、
pic_001.jpg
右男性「なんてかわいいの」左男性「かわいすぎてダメ!萌え死ぬ」と言っているように見えるらしい…(-_-;)

さて、三菱一号館美術館といえばコンドルの作品。
150829-09.jpg
150829-10.jpg

建物内の写真はOKということで、窓や階段などの写真を撮りました。
コンドルは暁斎に弟子入りして絵を学んだそうです。
150829-04.jpg150829-03.jpg
まるでここだけイギリスのようですね。
150829-07.jpg
150829-08.jpg

≫ まだ続きがあるよー

| 美術、博物館・展示会 | 14:45 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お花購入しました

先日3鉢ブラックになったと言ってましたが、あの後よく見たらパールグレイはハダニに壊滅され、斑入りのナツメグはこんな状態↓なので通販でゼラニウム買いました。
150826-01.jpg

とは言ってもお花ではなく、今回はセンテッドや変わり葉です。
この三鉢はボントローサイ、紫雲殿、ブランドフォルディアナム。
150826-03.jpg
ボントローサイは昔「ツリーゼラニウム」「花火」などの名前でわりと多く流通したのですが、今ではほとんど見ません。
通販で以前購入して大株になったのですが、昨年突風で根本から折れて枯れてしまったので、再び購入し直しました。
ブランドフォルディアナムもお店で出会えるチャンスが低いので枯らさないように注意しなければ。
紫雲殿はダークリーフの葉が欲しいかなという感じで購入しました。
今は緑色ですが、冬になると紫色に変わります。こっち系の変わり葉は私には全く品種区別できません(^_^;)

こっちは「鳳凰錦」ということで購入したのですが、これ斑入りミントセンテッドローズですよね。
150826-02.jpg
鳳凰錦はレモンバームゼラニウムに似ていて、ライム葉に斑入です。
海外ではチャリティーの名前です。

ま、センテッドゼラニウムはこういう間違いは日常茶飯事なのでさして驚きもしません。
先日行ったお店のセンテッドゼラニウムなんか、新しい名称のタグがついてましたよ。
たぶん、あまり馴染ないのかもね。

切り花も欲しいと思って今日お花屋に行ったら秋らしいのが売ってたのでこっちを買いましたが、これ何でしょう?
150826-04.jpg
ドライにして飾ってますけど、大丈夫かしら?

夏に思いのほかゼラニウムや特にペラルゴ系がお陀仏になってしまったので、あともう少し何か鉢植えが欲しいな。

| ゼラニウム | 21:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松月院と東京大仏

自宅の室内は暑いので、お寺さんへ散歩しに行ってみました。
板橋の松月院です。
150824-01.jpg
サルスベリが見ごろです。
いつもお花が何かしら咲いており、とても綺麗なお寺さん。
春は枝垂れ桜がきれいな所です。
150824-03.jpg
珍しく読経の声が境内から聞こえました。
150824-02.jpg

同じく板橋の乗蓮寺
150824-04.jpg
東京大仏という方が分かりやすいです。
150824-05.jpg
以前来た時よりハスの鉢が多くなってました。
150824-07.jpg
150824-08.jpg150824-06.jpg
花はもう終わってハスの実がついてます。
ハスの実は食べられるらしいけど、どんな味がするのかしら?

石仏
150824-09.jpg
150824-10.jpg
これも以前来た時より、なんだか増えているような気が……。
150824-11.jpg
こちらは白いサルスベリが満開です。

お寺さん隣の赤塚植物園にもちょっとだけ寄ってみました。
もう秋の気配です。
150824-13.jpg150824-12.jpg
萩が咲いてます。昨年よりずいぶん早いです。

帰り道、サボ発見。
150824-14.jpg
モコモコ。

| 神社仏閣・建物・街 | 08:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高温障害

色素抜けた葉がいっぱい(T_T)
150823-01.jpg
結構気を遣っていたにも関わらず、高温障害が出てます。
先日ホームセンター行ったら、売り場のゼラニウムは上から下まで全て真っ黄色になってました。
色が抜けた葉は涼しくなったら元に戻るという人もいうけれど、我が家の場合は復活せずにそのまま枯れ落ちます。
でも生命力が強いので秋の植え替え時に、ついでに切り戻しをしてしまいます。
すると春には再び形よくモサモサになります。
150823-03.jpg
夏場の一番怖いのは「ブラックレッグ」茎が黒くなって腐ってしまう病気です。
今年もすでに3鉢ほどこれにやられてお陀仏になってます。
もうすぐ8月も終わりですが、9月にもこれにやられてダメになることも多いのでしばらくはまだ油断大敵。
150823-02.jpg

枯葉だけでは華がないので、春のパープルシビル。
最近これ見ませんね。
150823-04.jpg

| ゼラニウム | 08:02 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アクアフォレストナーセリー

昨日、帰りに有楽町で買い物していたら、友人のNさんと会いました。
Nさんはお友達のUさん(私の知らない人)と一緒だったのですが、Uさんがバラとハーブが好きということで話しが弾み、すっかり仲良くなりアドレス交換しました。
ちなみにNさんはガーデニンクはまったく興味ない人で、私たちの会話に「何話しているのか分からない」とぼやいてました(^_^;)

会話の中でUさんが「国際バラとガーデニングショウに出展してた“アクアフォレストナーセリー”って知ってます?埼玉にあるらしいんだけどネットで検索しても引っかからなくて」という話が出ました。

私、本当にたまたま今年行ったのですよ。まさに偶然に!
150822-01.jpg

場所は幸手の権現堂公園近にあります。
150822-02.jpg150822-04.jpg
6月に行ったのですでにバラの季節は終わっていました。

春になるとここが満開になってそれは美しく、バラ目当てに見に来る方もおられます。
150822-05.jpg
昔、春にこの通りを車で通り過ぎた時、ちょうど満開であまりに美しかったので、「ここは何だろう?」とずっと気になっていたんです。
その時は友人の運転で先を急いでいたので確認できなかったので、6月に権現堂に行った時に寄ってみたんです。
150822-06.jpg
始めはナーセリーとは知らなかったので、花屋という雰囲気でもなく、でも苗がいっぱいで???でした。
するとこちらの方がちょうど出てこられてお話をお聞きすることができました。
お花屋さんではなく、生産者さんで、こちらからお店へ出荷します。
でも春はここで買うこともできるようですよ。
150822-03.jpg
Uさんに聞いたら、こちら、バラの作出もされているようです。

≫ まだ続きがあるよー

| 園芸店 | 11:20 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

都市農業公園のハーブ園

昨日の続きです。
ハーブは暑さに弱いものが多いので、夏場はダメージ受けることが多いです。
8月下旬頃になるとハーブ園はボロボロでちょっと閑散としてしまいます。
見るなら今のうち。次の見ごろは秋になってしまいます。
150816-07.jpg
セージ類はモサモサ。
150816-04.jpg
オリーブは実がついてます。
150816-08.jpg
オリーブの実が付かないという声をよく聞きますが、オリーブは自家不結実性のため、一本では実がつきません。
異品種のオリーブを混植させると良いでしょう。

カラミンサの花が咲いてます。
150816-05.jpg

奥に見える建物がハーブ関係のイベントをする教室になってます。
この日はバジル講座があったようですが、時間がなくて参加できませんでした。
都市農業公園のハーブ講座は受けてみたいのですが、なかなかチャンスがありません。
150816-02.jpg

この日ラベンダーが植えられていた所が植え替え最中でした。
ラベンダーの植え替えって春かと思っていましたが、今でも平気なのかしら?
それとも違うのを植えるのかしら?
どういう植栽になるのか今後楽しみ。
150816-06.jpg

≫ まだ続きがあるよー

| ハーブ | 20:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

都市農業公園

ハーブ園に行きたいのですが、時間的に遠出する余裕がなかったので、足立区の都市農業公園へ行ってきました。
150816-21.jpg
暑くてもここは畑が青々としてみずみずしいです。
150816-16.jpg
ところどころにケイトウの花が咲いてます。
ピンクや黄色のケイトウもあったので、畑でも見映えがします。
ザクロもたわわに実をつけていました。
150816-17.jpg
古民家の今の展示はワタのようです。
150816-18.jpg
あら、コキアに目がついてますよ。
150816-20.jpg

≫ まだ続きがあるよー

| ヒマワリ | 14:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

谷中銀座

昨日「全生庵」へ行った時、通りにあったお店。
150815-01.jpg
ニャンコグッズがいっぱいで、つい購入してしまいました。

全生庵は千駄木駅が近いのですが、乗り換えも面倒なので日暮里駅から帰宅することにしました。
しかし、日暮里は私にとってとても危険な場所。
なぜならそこには「谷中銀座」があるからです。
猫の町、そして猫グッズで埋め尽くされるこの町に来てしまうと、気づくと財布の中のお札が異様に少なくなってしまう恐ろしい地。
幽霊画とはまた違った怖さです。
150815-06.jpg
150815-07.jpg
なるべく近づかないようしていましたが、駅までの道を近道しようとして迷って結局この通りに出てしまい、いつものようにたくさん猫グッズを購入してしまいました_l ̄l●lll ガクリ
お盆でお休みのお店もありましたが、大部分はやってました。
150815-02.jpg
150815-03.jpg
とにかく、猫・猫・猫。どこを見ても猫です。
でも実際の猫ちゃんは出会えるのはやはり難しいかな。
もしも野良ちゃんを見たい場合は夕方や早朝がわりと見つけやすいかも。
150815-04.jpg
150815-05.jpg
猫カフェというのも少なく、本物の喫茶・飲食店で、その家の飼い猫がいる…という雰囲気のお店ばかりです。
有名な「ねんねこ家」も猫カフェではなく、お店に猫が同居している感じなので、場合によっては猫ちゃんがいないこともあります。

谷中はごく自然な形で猫と同居し、それが猫好きの話題になり猫目当てにお客さんが来て、自然に猫グッズがたくさん並んで、猫の町になって行ったということでしょうか。
猫好きだと買い物し過ぎて散財してしまうかも。
猫の吉原というところでしょうか。

結局、芸大美術館と合わせてこの日は結構おみやげ買っちゃったよ。
ちりめんの猫は手鏡です。ちょうどセールで安くなっていました(^o^)
150815-08.jpg
九尾の狐とお札は芸大ミュージアムショップで購入しました。
勿論この写真の他にも谷中で猫グッズ買ってますよ。

| モフモフ | 15:38 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幽霊画展

お盆ですので、幽霊画展を見に行ってきました。
まずは上野の東京藝術大学大学美術館
150814-01.jpg
「うらめしや~、冥途のみやげ 展 ―全生庵・三遊亭圓朝 幽霊画コレクションを中心に―」だそうです。
大変タイトル長いです。
全生庵の幽霊画だけでなく、他美術館からの錦絵の展示もあるので、かなりの量になります。
目録見たら「錦絵による“うらみ”の系譜」とありました。
細かい所にオチャメなユーモアがあります。
皿屋敷、牡丹燈籠、四谷怪談など、なじみあるのもあるので面白いですよ。
9月13日(日)まで開催されてます。

美術館から全生庵まで遠くないので散歩がてら歩いてそちらも行ってみました。
150814-02.jpg
なんか本堂の方が真っ黒の写真になってしまいました。
今度行った時にちゃんと撮ります(^_^;)

全生庵にお墓がある「三遊亭円朝」は怪談噺で有名です。
圓朝さんは幽霊画のコレクターで、コレクションがこのお寺さんに秘蔵されています。
命日の8月11日を含む8月一杯まで、虫干しを兼て展示しているそうです。

美術館の方は点数が多いのですが、いわゆる「美術品」を見ている感じです。
しかし、お寺さんの展示はやはり雰囲気がまるで違うのですごく怖いです。
ガラスケースにも入っておらず、エアコンの口調の風が当たったりもしてるのですが、それでユラユラ揺れている様なんか、もうホント怖いのですよ。
拝観料は500円でした。

館内撮影禁止なので、購入した画集を写真撮りました。
なので色合いも全く違うし、トリミングもしてあるので実際のものとは雲泥の差ですが、こんな感じの絵があるということで……。

左から「こはだ小平次」「姑獲鳥図」「骨を打つ修羅」「蚊帳の前の幽霊」
150814-03.jpg150814-04.jpg150814-06.jpg150814-05.jpg
「こはだ小平次」は京極夏彦の「覘き小平次」がモデルだそうです。

残りの夏は、幽霊画をみて、怪談本を読んでの涼を求めるのも良いですよ~。

| 美術、博物館・展示会 | 19:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「たまどう」は動物の赤ちゃんがいっぱい

多摩動物公園は夜の動物たち見学として「サマーナイト」として、時間を延長して開園しています。
そちらを目当てにされる方も多く、午後2時以降からの入園が多く、午前中はガラガラでした。

「本当は水族館に行きたかった」という家族連れの声も聞こえました。
ここはペンギンやシロクマなど「涼」を感じる動物がいないのも今の時期にすいている所以かもしれません。
私はモフモフが好きなので、どんなに暑くてもこっちがいいけどね。
ほら、キリンの赤ちゃんだよ。
150813-06.jpg
その向こうにはシロオリックスも赤ちゃんがいます。
150813-07.jpg
キリンの奥の見えにくい場所なので、望遠でこれがギリギリ。
150813-08.jpg
しかも手前にいるキリンが、やたらとカメラの前に顔を出したがって写りたがるし。
150813-09.jpg
人慣れしすぎだろ!
キリンは総出かしら?ものすごく多く出てました。

シマウマも赤ちゃんがいたよ。
150813-10.jpg
タヌキがほぼ全員外に出てた。めずらしー。
150813-11.jpg
多摩動物公園のタヌキは私、初めて見たかも。
いつも穴倉にいて、「本当に存在しているのかしら?」と思ったほどです。

分かりにくいですが、フクロウも赤ちゃんがいたんだよ。
本当に分かりにくい所にいてこれがやっと。
150813-13.jpg
これが親。
150813-12.jpg

≫ まだ続きがあるよー

| モフモフ | 17:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライオンの赤ちゃん

今週すでにお盆休みを貰っている友人のS氏が「多摩動物公園」へ遊びに行ったところ、「ガラガラで、しかも動物がよく動いていたよ。騙されたと思って行ってみ!」と言ってました。
S氏の「騙されたと思って」は思っただけでなく、本当に騙されることが多いのですが、今回は本当にすいてました。
ライオンバスも一番手で乗れました。
5月に生まれたライオンの双子の赤ちゃん。
そろそろ公開されるのではとちょっと期待してましたが、なんと、今日から公開なんです!
赤ちゃんの名前は「イチゴ」と「ニイナ」ちゃん。
母親ナナの由来が2007年生まれ(7=ナナ)だったことにちなみ、2015年(平成27年)生まれであることから、「15=イチゴ」「27=ニイナ」になったそうですよ。
「ママー、ママー。夏休みなんだから、どっか連れっててよ!皆帰省してるって。僕らも田舎に行きたい」
150813-01.jpg
「うちはここで生まれたんだから、田舎はないの!」
「えーヤダヤダ、どっか行きたい~!」
150813-04.jpg
「あなた!、休みだからってゴロゴロしてばかりいないで、この子たちどっか連れってあげてよ」
「休みの日ぐらいゆっくりさせてくれよ~」
150813-02.jpg
「パパー、どっか連れてって」
「パパはいつもお前たちのために頑張っているんだから、お母さんに連れてってもらいなさい」
150813-03.jpg
「なによ、普段頑張っているって。狩りはいつも私たちメスの役目じゃない!」
150813-05.jpg
そう、野生のライオンの狩りはオスはめったに参加しません。

動物園の開園は9:30でライオンバスの始発は10:00ですが、いつもは皆開園と同時に走ってチケット購入して並ぶので始発に乗れることはあまりありません。
しかし、今回10分前に行ったのに、前に一組の家族で二番です。
後方を見たら、5分前程度になったら多くの人がいましたが、こんなこと初めてです。

今日デビューの双子の赤ちゃんにとって私たちが乗った一番手のライオンバスは初めて見る物体。
お母さんもちょっと警戒してました。
いや、本当にラッキーでした。

他にも動物の子供は多くいましたよ~。
続く。

| モフモフ | 17:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミニ動物園

日曜日は用事があって地元ウロウロしており、合間にミニ動物園覗いてみました。
ヤギやヒツジはお触り自由です。
150810-01.jpg150810-02.jpg
笑っとる……。
150810-03.jpg
ヤギは可愛いね~。
こちらはセキセイインコ。
150810-04.jpg
金網があるのでインコの写真が上手に撮れません。
こっちのインコはゴーヤ色に同化しすぎてさらに分かりづらい。
150810-05.jpg
ポニーがこっち見てた。
150810-06.jpg
公園内のキョウチクトウの花が満開でした。
まるでバラのよう。
150810-07.jpg
キレイですが、全草猛毒です。
生木を燃した煙も毒にもなります。
近所で街路樹の剪定をしていた造園業の親方らしい人が、作業している若職人に「目に入ったら失明するから、取扱いは注意しろよ」と警告してました。
150810-08.jpg
時代小説読んでいると毒殺用として時々出てきますよ。

| モフモフ | 13:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水元公園

150809-15.jpg
水元公園はその名の通り水に囲まれた広い公園で、今の時期は水生植物が見ごろだろうと行ってみました。
とはいえ、これはちょっと極端に多過ぎ。
150809-10.jpg 
 こちらの写真は
 昨年晩秋に行った時

水が見えません。
150809-09.jpg
サギも水草の上に立ってます。
150809-16.jpg

公園の奥というか、もうほぼ端の方にある水産試験場跡の先には水生植物があり、今回オニバスが目当て。
150809-12.jpg
今年はかなり多くの花が咲いてます。
150809-11.jpg
なかなか育成が難しく、雨が多すぎると増水してすぐにダメになるそうです。
また、オニバスは一年草なので、秋に種を採取後、枯れた葉は全て取り除く作業をします。
大変なことです。

水産試験場跡付近には「金魚展示場」があり、おもしろい金魚を見ることができます。
150809-14.jpg
涼しげで、今のような暑い時期にはピッタリ。

そして今度は反対側の端を目指して歩いて行きます。
150809-18.jpg
暑くて誰もいません……。
反対側の端っこにも水生植物のエリアがありますが、こちらはハスがメイン。
150809-02.jpg
行けども行けどもハス。
150809-01.jpg150809-03.jpg
長ーい距離をハスを横眼に散歩するのも良いですね。
花のピーク時ならきっとすごく幻想的かも。
来年は早起きして7月下旬に花を見に来たいです。

≫ まだ続きがあるよー

| 海・山・公園・ウォーキング | 16:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旧古河庭園

150808-08.jpg
バラの季節はいつも混雑の旧古河庭園も、今の時期は閑散としてます。
ネットなどで調べると洋館内は事前の予約が必要とありましたが、一日数回見学時間が設けてあり、その時間の15分前に入れば予約なしで当日申込みでも入れるようです。
ただ、予約段階ですでに定員オーバーになると当日の申し込みでは無理ですので、バラの季節は当然事前予約が必要になります。
今の季節はほとんど見学者がいませんので、洋館の中の見学をされたい方は今はねらい目ですよ!

150808-06.jpg
こちらが玄関になります。
逆光だったので真横からの撮影となりました。

150808-05.jpg
旧古河庭園はコンドルの建築によるもので、鹿鳴館、ニコライ堂、旧岩崎邸庭園洋館などの建築を手がけた人です。
以前「旧岩崎邸庭園洋館」へ行った時のレポ
150808-07.jpg
庭園内に入るのも有料ですが、洋館内見学はさらに料金がかかるため、入り口付近で諦めて止めてしまう人がいましたが、こちらはお金を払っても見学する価値があります。
ガイド付きなので大変面白いです。

150808-09.jpg
旧古河庭園はバラの名所として有名ですが、実は和庭園の方が多いです。

撮影の設定間違えて日本庭園の部分はほとんど良い風景のがダメでした。
日本庭園の設計者はあの平安神宮神苑や円山公園、南禅寺界隈の小川治兵衛によるものです。
150808-10.jpg
150808-01.jpg150808-02.jpg
バラだけでなく、紅葉の季節も良いですね。
150808-04.jpg

歩いていて気づいたのですが、これ蔵か?
150808-03.jpg
マップには書庫って書いてあるけれど、雰囲気的には当時の物っぽいし。
現在、何か入っているのだろうか?

洋館の中の撮影はNGです。

| 神社仏閣・建物・街 | 20:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小石川後楽園

連日の猛暑でくたびれてしまいました。
ということで、近場の小石川後楽園。
150804-01.jpg
仲の良いカモがせわしなくスイスイスイ~。

150804-02.jpg
スイレンはピークが過ぎたのか、それとも暑すぎてかあまり開花してません。
150804-03.jpg150804-04.jpg
でもユリがところどころ干からびかけて開花してます。

何か狙っているサギ。
150804-05.jpg

見た目は涼しげな青々とした稲。
150804-06.jpg
大量のスズメが狙ってました。

この橋は見るだけ。
渡れないの。
150804-07.jpg
遅い時間だったので花の開花はありませんでしたが、ハスの葉がフサフサしてます。
150804-08.jpg
早く涼しくなってくれ~。

| 植物園・庭園 | 21:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オザキフラワーパーク

暑いので猫カフェで時間潰そうと思ったら激混み。
考えることは皆同じです。

猫カフェは諦めて、バスで武蔵関へ行き、オザキフラワーパークへ資材を買いに行ってきました。
150801-06.jpg

夏の花がいっぱい!でもすごく暑い(-_-;)
150801-05.jpg150801-03.jpg


一応、ゼラニウムレポ。
さすがに今の時期はセンテッドのみで、相当前に入荷したらしい残骸がありました。
左写真のジニア?かな、の真ん中にアップルブロッサム。右アイビーはアイーダ
150801-02.jpg150801-04.jpg

左パールピンク。右ナツメグ。
150801-07.jpg150801-08.jpg
左シドイデス。右レモンローズ、アップル等、入荷したてのセンテッド。
150801-09.jpg150801-10.jpg
こちらはハーブコーナのセンテッド。スノーフレーク、フェザンフット、ミセスキングスリー、ヘーゼルナッツなど。
150801-18.jpg
以前この時期に行った時に結構変わったセンテッドがあって期待していたのですが、今回はよく出回っているものが多く、ローズや蚊連草のようなものが多かったです。
入荷はしていたようなのですが、すでに終わってしまったようで、なんだか8月下旬のような雰囲気でした。

以下多肉系↓

≫ まだ続きがあるよー

| 園芸店 | 19:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |