花といつまでも…

お出かけレポ。たまにゼラニウムなどの園芸。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ツバキ展

熱帯環境植物館でツバキ展をやっているということで行ってきました
140212-01.jpg140212-04.jpg140212-03.jpg140212-02.jpg
熱帯ゾーンでは前回の蘭展ではまだ開花が少なかったのですが、今回結構咲いてました。
他にもいろいろ花もありましたね~。
大きなウツボカヅラなんかあったりして。
さて企画展のゾーン。
140212-05.jpg
花がポトリと落ちることから武士が嫌ったという説がありますがそれは間違いで、実際には美しい姿のまま散るのが「いさぎよい」=「武士の志」と、武士には好まれていました。
実際、日本画などの旗本屋敷の庭にツバキが植栽されているのを多く見ますよね。
140212-17.jpg
なぜそんな噂が流れたのかというと、人気の出た椿に牡丹愛好家の妬みや高値が付きすぎたなど諸説あります。
薩摩・長州出身者にしてやられるばかりであった江戸っ子が、椿を好んだ薩長士族に対しての皮肉ともツバキ展には記載されていました。

140212-07.jpg140212-08.jpg
紅妙連寺(左)と太陽(右)
140212-14.jpg140212-15.jpg
キバナカイド(左) 胡蝶侘助(右)
140212-12.jpg
画像多いので以下↓


こちらは国営武蔵丘陵森林公園提供のプリザートフラワー標本。
140212-10.jpg
140212-11.jpg

140212-06.jpg140212-16.jpg
絞侘助(左) ト伴-読み…トボク(右)
140212-13.jpg
ヒメサザンカ。写真では分かりにくいですが、とてもかわいいお花です。
140212-09.jpg
ツバキは冬の花というイメージがあり、1月に森林公園に行ったのですが、その時はまだほとんど咲いていませんでした。
森林公園のチラシがあったので見たら、開花期は2月下旬から3月上旬だそうです。
その時にはこれらのお花も見れることでしょう。
スポンサーサイト

| 椿・サザンカ | 12:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT