花といつまでも…

お出かけレポ。たまにゼラニウムなどの園芸。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第9回 飯能ひな飾り展

飯能では2014年2月18日(火)~3月9日(日)まで「飯能ひな飾り展」が開催されています。
町の商店街や神社仏閣、施設などが協力してお雛様をかざり、スタンプラリー形式で楽しめるイベントです。
ピンクの旗が目印です。
飯能には古い建物が多くあり、歴史好きには大変魅力的な町。
これを機会にぜひ足を運んでみてください。
140224-01.jpg
何日かに分けてレポ報告しますが、まず一番のメイン場所である飯能市文化財である「店蔵絹甚」さんのご紹介から。
140224-14.jpg
写真が遠いのですが「うだつ」があるのお分かりでしょうか?
うだつとは1階屋根と2階屋根の間に張り出すように設けられているもので現代で言う所の防火壁。
火事の際に隣家に燃え移るのを防ぐためのもので、当時は裕福な家の象徴のようなものです。
生活や地位があまり上がらない例えを「うだつが上がらない」というのは、そうしたことで言われています。
140224-15.jpg140224-12.jpg
140224-13.jpg
座敷から店蔵扉が見えます。観音扉の金庫のような扉だよ。

140224-04.jpg
140224-05.jpg
140224-03.jpg
いろんなつるし雛も華やかに。
つるし雛ってお雛さまの飾りなんだそうです。
140224-06.jpg
140224-07.jpg
すごいお雛様御殿です。
目黒雅叙園のお雛様の時は遠くてよく見えませんでしたが、こちらではじっくり見ることができます。


140224-10.jpg
140224-08.jpg
140224-09.jpg
140224-02.jpg
池袋から西武線で一本で行けるのでのんびりと座って行ったのですが、所沢であまりの寒さに飛び起きて車窓を見ると真っ白。
事前に駅前は雪の心配はないのは聞いていたのですが、入間を過ぎた辺りからもう真っ白。
仏子になったら不安でお腹痛くなってしまいました。
でも飯能に着いたらほとんど雪の心配もありません。
普通の靴でも平気ですよ。
スポンサーサイト

| イベント | 01:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT