花といつまでも…

お出かけレポとゼラニウムなどの園芸。自分用の備忘録ですので相互リンクやSNSはおこなっていません。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こども動物自然公園 マヌル(=^・^=)

東松山市の「こども動物自然公園」では4月にマヌルの赤ちゃんが4頭生まれたというので、大人だけど一人で行ってきました。
140724-10.jpg
私は猫が大好きなのですが、猫科の中でもマヌルが一番好き。
このふざけた顔と丸っこいモコモコは悶絶もんのかわいさですよ。
140724-06.jpg
今回お母さんマヌルは見えなくて、子供たちしかいませんでした。
子どもだからとにかく元気いっぱいで、一時もジッとしてくれません。
写真もブレブレ。
140724-08.jpg
体が小さいだけに仕草やじゃれ方など、ネコそのもの。
ずーっと見ていても飽きません。
140724-05.jpg
140724-07.jpg
もともとこの中にある「ビアトリクス・ポター資料館」が目当てでこの動物園の存在を知ったのですが、猫科はこのマヌルだけだったので、何か機会があったら来ようかというぐらいでした。
マヌルの赤ちゃんと資料館だけ見て帰るつもりだったのですが、何度かここに来たことがある友人が「ここの動物園って他と違って、動物に触れそうなぐらい近くに寄れるよ。他もぜったい見た方がいいよ」と勧められ、園内を一通り見て来ました。


とはいえ、本当に園内広いのですよ。
他の動物の紹介は次の回にして、まずはお花。

自然公園というだけあり、園内は本当に木々に囲まれ、お隣、滑川の森林公園のような場所も数多くみられます。
このエリアは「花と鳥の丘」で夏のお花が咲き誇ってました。
140724-11.jpg

140724-01.jpg
淡い色のモナルダ(ベルガモット)。
140724-02.jpg
これ何かしら?豆?
140724-03.jpg
サルビアとブッドレア。
140724-04.jpg
うっ蒼とした森林の中に巨大な恐竜。ビックリしました。
140724-09.jpg
次回は他の動物と見どころをご紹介します。
スポンサーサイト

| モフモフ | 21:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT