花といつまでも…

お出かけレポ。たまにゼラニウムなどの園芸。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

多摩動物公園の「ネコ展」

150207-15.jpg
今、多摩動物公園では「ネコ展」がやっているということで、行って来ました。


多摩動物公園は猫科の動物が多く、何度も繁殖に成功しています。
特にユキヒョウはファンも多く、この日もバズーカー砲のような大きなカメラを持った方々が開園と同時に向かっておられました。
規模は大きくないのですが、普通のネコ展とは違い、動物園のネコ展だけあり、大変面白かったです。
150207-05.jpg150207-06.jpg
おおよそこんな感じでパネル展示です。
まだ現物見てないニャンコがこの中にいくつかあるなぁ。

ネイチャー番組が好きでよく見てますが、どれも自然界のことが多いので、動物園の繁殖などとても勉強になります。
150207-07.jpg150207-08.jpg
このぬいぐるみはライオン(だったと思う)の手の大きさ。
こんなんで殴られたらイチコロです。

こちらは子トラのはく製。
150207-13.jpg
かわいいですが、子供とはいえ、もしも実物なら殺されます。

こちらは更に小さな子のはく製。
150207-10.jpg
150207-11.jpg150207-12.jpg
やはりどうしても小さな子は体が弱く、亡くなってしまう子が多いです。

ユキヒョウを搬送する時の箱。
150207-14.jpg
おちゃめにも肉球の手形模様がついてますヨ!

大きさの比較。
150207-09.jpg
サーバルは普通の猫よりちょっと大きいぐらい。
大型になるメインクーンと同じぐらいかな……。
そう見るとライオンがいかに大きいか分かります。
ライオンバスやトラがガラス張りに顔を近づけて来た時は本当に圧倒されました。


こちらは本物のライオン。
150207-04.jpg
いいムードの二匹がいたので観察していたら、交尾するところが見れました。
ラッキーです。
150207-01.jpg
猫科の交尾はオスがこうして首を噛んで押さえつけます。
150207-02.jpg
そして交尾後は仰向きでゴロゴロ。
これも猫科の特徴。妊娠の確率を高くするためにすると聞いたことがありますが、実際はよく分からないみたいです。

150207-03.jpg
大型の猫科の動物が野生では絶滅の危機に瀕してます。

ベビーが生まれると良いですね。
スポンサーサイト

| モフモフ | 20:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT