花といつまでも…

お出かけレポ。たまにゼラニウムなどの園芸。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

国際多肉植物協会、東京例会

板橋熱帯環境植物館で毎月行なわれている「国際多肉植物協会」の月例会に参加してみました。
150727a17.jpg
暑いにも関わらず、この座席は満席となります。
昔はこの国際多肉植物協会のイベントは板橋の高島平で行なわれていました。
当時はまだマニアのみでゆっくり吟味でき、その時は協会の会員登録していました。

しかし近年の多肉ブームで、ビックバザールで買い物するにもぎゅうぎゅうの混雑で、ゆっくり品定めできる状態ではなくなってしまいました。
現在イベント会場は五反田になってしまい遠いし……(ーー;)
150727a07.jpg150727a08.jpg
例会は一般の方でも参加できます。今回は本当に久しぶりです。
150727a09.jpg150727a10.jpg
月例会はバザールや新年会とは違い、買い物目的ではなく、ほぼ会合、いろいろなお話を聞く場です。
今回は病気についてとても参考になる説明を聞くことが出来ました。
飛び入りで何も準備してなかったので、メモ帳も持っていません(T_T)
仕方ないのでデジカメの動画機能で録音しました。
150727a11.jpg150727a12.jpg
テレビやガーデニング雑誌には書いていないマニアなお話が多いです。
なので一般のガーデナーにはちょっと「???」的な部分もあるかもしれません。
150727a13.jpg
私は多肉方面では原種のペラ専門ですが、月例会で説明されていることは、ペラに限らず他の植物にも有効なところもあり、すごく勉強になるのですよ。
催しが全て五反田に移行してしまってから、イベントには参加してないけれど、神代の協会のイベントには行くし、月例会は出たいし、また会員になろうかな。
来月まで考えておこう……(´-ω-`)

さて、ここからは熱帯植物館の館内の様子↓


150727a14.jpg
ロホホラとアドロミスクス トラフグ……とラベルには書いてありました。
150727a15.jpg150727a16.jpg
アドロミスクス トラフグって紫っぽい斑が入るのだと思っていたけど、これは無いな。
なぜだ?

企画展では「食虫植物」の展示をしてました。
150727a01.jpg
逆光で撮影できません(T_T)

板橋の熱帯環境植物館は食虫植物のマニア間でも有名らしく、時折行なわれる食虫植物即売会など遠方からこちらへ足を運ぶ方もおられます。(過去記事
多肉といい、食虫植物といい、ちょっと普通とは違うマニア向けのディープな植物館ですな。
150727a02.jpg150727a03.jpg
温室の展示も他の植物園より、なんとなく食虫植物が多いです。
150727a04.jpg150727a05.jpg
150727a06.jpg
*今回販売していません。ミニ販売コーナーは食虫植物はハエトリソウのみです。

入り口付近はミニ水族館になっており、子どもたちはこっちが目的が多いようです。
スポンサーサイト

| イベント | 11:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT