花といつまでも…

お出かけレポ。たまにゼラニウムなどの園芸。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上野動物園

さて今日は上野動物園
お正月は混みますが、ゴールデンウィークやお盆休みなどに比べればまだマシです。
そもそも上野動物園の春と秋の休日はいつも混んでますから、こんなもんです。
お正月は動物を見に来たというより、お正月らしい雰囲気の来場客とともにするというカンジで来てます。

パンダ……見に来た人。
160103-01.jpg
上野のパンダは妊娠の兆候があるだけで新聞ネタになるほど有名ですが、和歌山県のアドベンチャーワールドでは何度もパンダの赤ちゃんを誕生させてます。
友人が言うには、「上野のパンダは『パンダ』という生き物ではなく、『上野のパンダ』という動物なんだよ」と別物扱いしているようです。
たしかに数億円のガラスケースの中の超セレブぶりは他のパンダとは別物のようです。
アドベンチャーワールドは外の広々とした運動場で本来のパンダの姿を見せてくれるので、オススメ。是非パンダファンは見に行って欲しいです。
でも東京から和歌山はちょっと遠いな。

ライオンやトラの所もこのように混雑。
160103-02.jpg
私は何度か来ているのですいているビューポイントが分かるので、それなりに見れたのですが、トラそのものが隣のライオンが気にかかっているようで近くには来てくれませんでした。
ライオンは近くで見れたのですが、ガラス写りがひどいのでアップはまたの機会にします。
上野のスマトラトラ、この子は何歳なのでしょう?
日本のトラは高齢で繁殖難しいと聞いたけど、なんとかできるといいね。
ズーラシアのスマトラトラは繁殖に成功したけど、数が減り、自然界ではかなり難しくなっているので動物園でがんばって欲しいと応援します。
余談ですが、ズーラシアのブログ見たらスマトラトラは今は母子一緒ですが、来月あたり別にさせるそうです。
猫好きとしては、何とかその前にはまた行きたいな。

人懐っこいアシカ
160103-04.jpg

ホッキョクグマエリアもこのように人だかり。
160103-05.jpg
ああ、でもちゃんと見れましたよ。
160103-06.jpg
アシカやホッキョクグマはエサやりタイムがあります。
その先、ホッキョクグマは水中を泳ぐ姿を見れるので、上からではなく下から見ると迫力ある姿が見れるよ。
以前の記事

暖冬おそるべし。正月に紅葉です。
160103-07.jpg

ちゃんと動物も見てきたよ。
カンガルーはお腹に赤ちゃんが入っているみたいで、足が飛び出してました。
160103-08.jpg

こちらも赤ちゃん。
160103-09.jpg
私はキツネザル以外のサルは嫌いなせいか、どうしても可愛いとは思えないのですよ。

動物はあまり見れなくても何気にお正月気分が味わえればいいかな……という軽い気持ちで行ったのですが、偶然ツルの求愛のダンスを見ることが出来ました。
慌てて撮影したのでピントが柵ですが、こんなかんじ。
160103-03.jpg
地方に住んでいる方のブログを見ると、田んぼにツルまたは白鳥が飛来しましたという記事を拝読しますが、羨ましいかぎりです。
広い所でツルや白鳥の求愛のダンス、是非実物見たいですね~。

ところで年末ジャンボ宝くじ、どうでしたか?
宝くじのお金は動物園等の施設運用に役立てられてます。
今回も上野や多摩動物園で「宝くじ」よって施設が立てられたという看板をたくさん見ました。
ハズレても「寄付した」と思えば全く残念ではないですよね。


追記:上野動物園の弁天門は工事中で通り抜けでききません。
スポンサーサイト

| モフモフ | 15:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT