花といつまでも…

お出かけレポ。たまにゼラニウムなどの園芸。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三陽メディアフラワーミュージアム

千葉稲毛の「三陽メディアフラワーミュージアム」へ行って来ました。
名称が変わってから大分経ちますが、未だに旧名称の「花の美術館」の方が馴染やすいようで、バスを待っている間暇だったのでお隣の人とお話していても「花の美術館と言ってしまうのよね」とおっしゃってました。
160514-01.jpg
入り口はナスタチウムが。道路の真ん中で撮影したので、大急ぎ。
160514-02.jpg
ボーダー花壇、前庭花壇はお花畑~(*^_^*)
160514-04.jpg
もうね、ホントすごい。この中どこもすごいお花畑なんです。
お花いっぱいで、涙出そうなくらい。
写真撮り過ぎたので、画像たくさんアップしますが、ウチ古いPCで読み込み遅いのでプレビュー小さくします。
興味ある写真をクリックすると大きくなりますよ。
160514-03.jpg
やはり今の時期は裏庭のバラ園でしょう。
160514-12.jpg
160514-15.jpg160514-08.jpg
……と言いながら、実は帰宅して蓋を開けてみたらバラの写真は少なくて(T_T)
160514-07.jpg
160514-09.jpg
実はこちら、バラだけでなく植栽もとても美しく、いつもそちらに気を取られてついバラの写真が少なくなくなってしまうのですよね。
バラ見ごろですよ。蕾のあるのもまだ多かったので、「今週無理」という方でもまだ間に合います。


更に私が鼻血吹きそうなぐらい興奮するのが、ハーブが多いこと。
160514-05.jpg160514-06.jpg
160514-11.jpg
バラ園も玄関前の前庭花壇もハーブの植栽が豊かで、そこだけでもう何時間でも動きません。

驚くべきことに、こちら、有料エリアは館内だけなんです。
今ご紹介して外のエリアは無料なんですよ!
160514-16.jpg
160514-13.jpg160514-17.jpg

商用撮影でしょうか?本物のウェデングでしょうか?
160514-23.jpg

ここからは館内です。(有料エリア)



館内もお花いっぱいです。
以前再入場できませんでしたが、今回聞いたら一度外に出てもチケット見せれば再入場が出来きました。
160514-18.jpg
再入場が出来れば、外は団体さんも来るので、混んでいたら一度中の見学を先にして、後で見ることが出来るね。

ペラのミルキーバニーが植栽されてました。
160514-19.jpg
調度今の時期、与野公園のバラ見るついでに「黒田園芸」さん寄ってこのレアペラ見つけて購入したけど、翌年花芽がいっぱい付いて今にも咲きそうという時、風でぶっ飛んで枝が折れて枯れてしまったトラウマがあります。
「黒田園芸」さん、また今年仕入れてくれたかな? ……あ、でも今年は今こっち(稲毛)来てるってことは、買えないじゃん(T_T)
……なんてこと考えながらこの植栽の前にずっといました。

企画展ではハーブ展やってましたよ。
160514-20.jpg
ゼラニウム「ジョイ・ルシール」

中庭では花盛り
160514-21.jpg
併設のレストランからこの中庭が一望できます。

ミューシアムと名が付いている通り、館内は花に関する美術品鑑賞が数多く観賞できます。
企画展(いろいろなのがある)の一つ「銅版画」。
160514-22.jpg
大抵はこの手のものは撮影不可なのですが、こちらは撮影OKだそうです。

とにかく見どころが多く、屋上庭園にもいろいろなコンセプト庭園がありまして、もう全部ご紹介しきれないので、フォト蔵の方に後日アップします。

隣接する稲毛海浜公園にもいつもは寄るのですが、今日はオリエンテーションが企画されていたようで、ゼッケンをつけた人が大勢いたり、コスプレイヤー(これは毎回)も多くして、どうも肩身が狭かったので海だけ見て帰りました。
160514-24.jpg
中央に黒い粒が写ってますが、海鳥さんです。今回望遠は持ってきませんでした。
残念。

今の時期、ここは本当に夢の国です。
160514-14.jpg
お花が好きな方は、お早目にどうぞ~。
スポンサーサイト

| 花の美術館 | 16:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT