花といつまでも…

お出かけレポ。たまにゼラニウムなどの園芸。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界らん展日本大賞2017

170216-01_201702141601382b9.jpg
東京ドームで開催中の「世界らん展日本大賞2017」のチケット貰ったので14日行って来ました。
170216-02_20170214160140d4b.jpg
通常閉館は5:30までで早くに終わるのですが、14日はバレンタインということで遅くまでやっているらしく、会社帰りに行く予定でしたが、仕事が早くに終わったので、昼間行ってこれました。
170216-03_20170214160141012.jpg
平日昼間だから、「まあ、ある程度ゆっくり見れるかな」と思っていたのですが、ものすごい人です。
コミケじゃあるまいし、なんでこんなに混んでいるの?!

いつも来る時は閉館間際に入るから空いていたのね。
170216-04_20170214160143a04.jpg
にしても、ブース詰め込み過ぎ!
人がいない間は広く見えるのだろうけど、蘭展は毎年混むのは分かっているのだから、展示物の間を開けないと人の流れが詰まってしまうの分かってるじゃん。
平日昼間なので、じいさん、ばあさんが多かったのですが、「狭くて流れが止まるよ」だの「通れない」などと文句があちこちで聞こえました。
スムーズに歩けず、車椅子や杖持っていらっしゃる方など気の毒でした。
170216-05_2017021416014436e.jpg
かわいいお花もあります。
ですが、ごちゃーっと詰め込んでいるのでなんだかよく分からないですね。
170216-06_20170214160146fa9.jpg
出来ればじっくり一つ一つのお花を見たいのですが、ゆっくり見れません。
170216-07_201702141601478b2.jpg
平日の昼間でこれってことは、休日はどうなっていたのだろう……。


ドームの蘭展は年々「花の展示会」というより、アミューズメント的要素が多くなってきてます。
170216-08_2017021416014906c.jpg170216-09_2017021416015036c.jpg
昔の来客は、いかにも「蘭を育ててます」的な園芸家が多く、展示物見ている横でかなりマニアックな会話が飛び交ってましたが、現在はさほど蘭に興味がない方たちがいらしても十分楽しめます。
170216-10_201702141601529ca.jpg
蘭とは全く関係ないショップやイベントも多いので、観光として来てもいいかもね。

170216-11_2017021416015385e.jpg
それにしても、蘭って一鉢でも高額なのに、これ全部でいくらぐらいなんだろう……。
170216-12_201702141601558b6.jpg

ここからは展示物。
170216-14.jpg170216-15.jpg
一般客向けにしているからでしょうか、
ディスプレイが多く、品種展示物が少ないような気がします。
「ディスプレイの数を増やしました」「店舗を増やしました」→スペースがぎゅうぎゅう。テナントは減らせません→「じゃあ、蘭の展示物を減らしましょう」ということになったのでしょうね。
170216-16.jpg170216-17.jpg
右の写真はハンキングにしているようですが、今回ボール状のこうしたハンキングが多かったです。

170216-18.jpg170216-19.jpg
我々が普段気軽に購入するシンビジウムは入り口の脇役としてぐらいしかなく、シンビはこうしたものが多かったです。
170216-20.jpg
シンビは大好きなのですが、ドームの蘭展は展示が少ないです。


170216-13_201702141601561e7.jpg

自分でお金出すなら何がなんでも行くだろうけど、今回招待券だったので「行かなくてもいいや」と半分思ってました。
でも、まあ、行ったら行ったでそれなりに面白かったです。
スポンサーサイト

| | 09:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT