花といつまでも…

お出かけレポとゼラニウムなどの園芸。自分用の備忘録ですので相互リンクやSNSはおこなっていません。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

江戸東京博物館 ジオラマ

せっかくの長期夏休みなので、大名屋敷建物を見に行って来ました。
170818-03.jpg
といっても、ジオラマです。

すでにお盆休みが終わっている会社も多いので、「江戸東京博物館」もすいているだろうと行ってみました。



「徳川将軍家へようこそ」「東海道五拾三次展」など面白い企画展示が常設展の料金で見れることもあり、随分お得でしたが、
レポはジオラマ特集にします。
170818-02.jpg
この風景、NHKのドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」でも使われてましたよね。
170818-01.jpg
日本橋の様子です。


いつもは混んでてジオラマはゆっくり見ることが出来ないのですが、今日は平日で人も少ないので、珍しく好きなポジションゲット出来ましたよ。
170818-12.jpg
精巧にできており、近くにある双眼鏡でのぞくと、かなりリアルな江戸の風景になります。

170818-05.jpg
野鳥観察のために購入した30倍ズームのコンデジが大活躍です。


一人ひとりの芸も細かくて、橋から身を乗り出している人もいたりして。
170818-07.jpg
船の女性見てんだな……(-_-;)


こちらは何かをさばいて、往来側の方では炭火で焼いてますね。
170818-08.jpg

日本差しをしていることから武士のようです。
170818-10.jpg
なんだかお話が作れそうですね。


ジオラマだから人が多いのではなく、江戸はとにかく人が密集する場所だったようです。
170818-09.jpg

こちらは「東都両国ばしの夏景色」画。
170818-11.jpg
人多過ぎ! こんな人が多い所行くなんてバカじゃないの!
隅田川にかかる橋なので、花火でも見に来ているのでしょうね。
170818-04.jpg

そういえば今頃の時期に永代橋崩落事故がおきましたね(文化4年)。
千人以上の死者が出ました。
老朽化と重ねて、富岡八幡宮の祭もあって、かなりの人出と重なったからだそうです。
170818-13.jpg
↑北斎画「深川富岡八幡祭礼」
富岡八幡宮のお祭り、先日行って来ましたが、現代でもすごい人出でした(-_-;)
私もバカの一人ですね。
水掛け祭りの時なんか人多すぎて写真なんか撮れなかったよ。



江戸東京博物館は10月から改修工事のため、しばらく休館になるそうです。
「えー、ちょっと前に改修工事でお休みしたばかりじゃーん!」と思ったのですが、行ってみたら、ガラスに傷が入っていたり、結構傷みが見えました。
展示してあるだけのように見えて、なかなか老朽化が早いようです。

170818-06.jpg
行くなら早目にね。
スポンサーサイト

| 美術、博物館・展示会 | 16:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT