FC2ブログ

花といつまでも…

2019年は板橋区とその近隣の開花状況。あとゼラニウム

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

深川江戸資料館

深川江戸資料館へ遊びに行ってきました。
時代劇興味ない人はスルーしてください。

160124-19.jpg
最寄駅の清澄白河駅にはこんなかわいらしい看板があります。
160124-20.jpg160124-21.jpg
マスコットの実助(まめすけ)ちゃん。
この子、資料館を入ると屋根にいます。
160124-02.jpg
人が入館するとセンサーで動いてニャーと鳴くのですが……
160124-01.jpg
ガゴン!ギギギギと、ぎこちない動きでなんか怖い。
実助、絵だと可愛いんだけどね(^_^;)

午前中に行ったのですが、人がいない……(-_-;)
160124-03.jpg160124-06.jpg
なのでガイドさん独り占め(^o^)質問だってし放題です!
丁寧に説明してくれ、とてもよく分かります。

裏長屋の木戸。明け六つに開けられ夜の四つに閉じられ、その間は出入りが禁止されます。
160124-04.jpg
上部に住人の表札が記載されてます。
真ん中の「井」は井戸のこと。

つき米屋。玄米を精米して販売します。
160124-05.jpg
160124-16.jpg
 左は米蔵の土蔵。
 米俵見えますか?

 普段は戸口足元に板を立てて
 鼠返しをしています。
江戸時代本当に町人も白米食べていたのか聞いてみましたが、江戸っ子は見栄っ張りなので白米を食べたそうです。
他のおかずもとらず、白米ばかりだと栄養が偏って脚気になりやすいです。
地方武士も江戸勤番で白米を食べ脚気になることで「江戸わずらい」などと言っていたようですね。

今年の初午は2/6なので、ちょうど初午飾りをしています。
160124-17.jpg
こちらはお稲荷さん。
「伊勢屋、稲荷に、犬の糞」と言われたように、江戸には至るところにお稲荷さんが祀られています。
江戸では2月最初の初午は稲荷社のお祭りが行われ、賑わったそうです。

≫ Read More

| 美術、博物館・展示会 | 11:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |