FC2ブログ

花といつまでも…

2019年は板橋区とその近隣の開花状況。あとゼラニウム

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

森の美術館

11日(土)、「ムクゲ自然公園」へ行きました。
園内にある「森の美術館」開催している「和ハーブ展」目的です。
180814a-01.jpg
和ハーブとは、日本なじみのハーブ。

草木染なのですが、私が知っている草木染はスカーフなど。
でもこちらの草木染はクオリティが高いです。
180814a-02.jpg
草木染で絵柄が!


そしてリース
180814a-03.jpg
一番奥のリースはカシワの輪なのですが、とても大きいです。
うちの壁にはかけられません。


リースは「和ハーブ」と「輪ハーブ」でシャレがきいてて、なかなかオチャメです。
180814a-04.jpg180814a-05.jpg
「ゼンマイ」


和ハーブなので、リース素材も日本なじみの植物で和物です。
180814a-06.jpg180814a-07.jpg
「クロモジ」「ネコノムシクダシ」
え!?「猫の虫下し」っていう名前の植物なの?


180814a-08.jpg180814a-09.jpg
「コウヤマキ」「ネズミモチ」
なんか、もう笑っちゃいますね。


パネル展示も子どもにも分かりやすくなってます。
180814a-10.jpg


「柿渋」
180814a-13.jpg
「渋柿を潰して圧縮し、発酵されて液体。防腐作用があり傘・うちわにも使われていた」と記載されていましたが、バックの皮に塗ってあるってことかな?
バックそのものは何の皮なのかしら?
美術館私一人だったから、聞けば良かったな。




広い館内
180814a-11.jpg
これ、足元もリースなんですよ
180814a-12.jpg


180814a-14.jpg


こちらは案内所のもの
180814a-15.jpg
この入れ物、アンティーク風でオシャレだよねー。


ムクゲ自然公園のハーブイベントはとてもレベルが高くて、都内でやったら大人気になりそう。
秩父は気軽に行くにはさすがにちょっと遠いのが残念です。


和ハーブ展は8月19日まで。
「もう終わりじゃん! 間に合わないわ」という方、もしも終わった後でも、大丈夫。
その以降には園内のムクゲが満開になりますよ!

| ハーブ | 08:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT