FC2ブログ

花といつまでも…

2019年は板橋区とその近隣の開花状況。あとゼラニウム

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北の丸公園

先日ご紹介した東御苑に隣接する北の丸公園。
こちらは発券もなく、普通に出入りできます。仕事上移動の通り抜けにも利用しています。
190605-02.jpg


190605-01.jpg
さすがにハスは未開花。


武道館は……。
190605-03.jpg
夕方からなのでさすがにまだお客さんは来てませんでしたが、グッズ販売のお店がいっぱい出て準備中でした。



シモツケ。
190605-04.jpg
北の丸公園は東御苑ほどお花はありません。
しかし憩いの場てしては最高です。
190605-05.jpg
鳥の巣箱がある雑木林や、
190605-06.jpg
水鏡になるツツジ。

少しですが、アジサイ。
190605-07.jpg

このアジサイの後ろは花菖蒲がある筈なのですが、なんかボーボーで咲く気配がありませんでした。
190605-08.jpg



花ブログなのであまり嫌なことは書かないようにしていたのですが、今朝グットモーニングを見ていたら、あの温厚な坪井アナですら怒り心頭になっていたほどの問題について、私もちょっと愚痴をね。

「老後の資金2000万円自力で貯めろ」というニュースです。
麻生大臣は「人生設計を考えるとき、100歳まで生きる前提で退職金を計算してみたことがあるか? 普通の人はないよ」とおっしゃってましたが、今の時代、40歳を超えたら普通の人は定年後の資金を考えますよ。


2000万円というのは、持ち家があり、両親がすでに他界、20代の時のような健康な体を持っている方限定です。
今の人は若いころから仕事を酷使しているので、たいていは50代ぐらいから慢性的な病気がなにかしら出て、医療費がハンパなくかかります。
そして親が高齢になり、親の医療費と介護費がかかります。
年金にもガッチリ税金はかかります。

つまり2000万円預貯金が必要な人は大手企業で持ち家があって、健康で生活費だけの算出で、実際にはこんなもんじゃ賄えないですよ。


ま、自宅のローンが終わるから「住むところは安心」と思ってしても、ここ数年を見ても災害であっという間に無一文です。



若い人は「年金もらえないなら払わない」とよく言ってますが、もしも「じゃ徴収はやめます。年金制度を明日から辞めましょう」とした時、親や祖父母の衣食住をその日から家族がみることになると思うのですが、年寄りって医療費や介護費で子供以上に金かかりますよ。
「お金がなくて結婚もできない」と言っている若い人が、年金でまかなっていた祖父母やすぐにやってる親の定年後の生活費出せるとは思えません。
親も年取ると働けません。
たとえば自分の生活困窮の場合は自殺で済みますが、親の介護で疲れ逃げ出したら刑法により「保護責任者遺棄罪」で逮捕されるのです。



今、中高年の引きこもりが多くなったと報道されていますが、その統計は介護で会社を辞めた方も含まれています。
昔は介護については統計に入らなかったのですが、現在ではそれらも「ひきこもり」として数に含まれるようになってしまったのです。
政府は社会福祉を削る現状で、非難を避けるためですね。

政府は子どもを産めとせっつきますが、若い人の自殺がこの国はとても多いです。
昔のように、「仕事が辛くても将来が楽になる」なら持ちこたえますよ。
でもね、行きつく先がこれじゃ、子供なんて産めませんよ。


安楽死を認めろとネットでは言われていますが、もしも安楽死を認めたら老若男女問わず安楽死を選んで、(生粋の)日本国民の人口は半分上減ってしまうかも。
私は「どう死ぬか、いつが潮時か」と毎日考えてます。


なんと恐ろしい国なのでしょう。


「だからこうした方が良い」という希望のオチなしの締めくくり……(-_-)

| 植物園・庭園 | 18:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT